HOME>トピックス>様々な形状の製品を作る事が可能なので人気があります

耐久性が上がります

作業員

不織布の成形はそれまで単体では実施する事が難しく、新商品を世に送り出したい企業にとってネックとなっていました。この不織布を単体で使用するのではなく、熱可塑性のプラスチックと合わせて使用する事で今では様々な形状に成形する事が可能となりました。

特性は活かしたままです

不織布と熱可塑性プラスチックとの複合材を使用した成形品は様々な用途に使用が可能です。材料の作り方によっては不織布の機能を損なうことなく成形品を作り上げることが可能です。しかも熱可塑性プラスチックを使用しており、従来の不織布単体の製品よりも耐久性が非常に良い製品を作り出すことが出来ます。熱可塑性プラスチックとは加熱すれば柔らかくなる特性を持つプラスチックの事です。シート成形などの熱板成形加工などに非常にマッチしているプラスチックです。

付加価値を見出せます

不織布はシート状態で様々な用途で使われているものですが、成形することが可能となる事で今まで使う事が難しかったシチュエーションでの使用が容易になります。成形方法も特殊な成形ではなく、従来の熱可塑性プラスチックのシート成形の製造方法を流用する事が出来ます。従来のものから新しい付加価値を生み出せる事もあり、不織布と熱可塑性プラスチックの複合品の成形品の人気は非常に高くなっています。

広告募集中